インフルエンザで熱性痙攣、キャッツクローで対応

寒い季節はインフルエンザが流行しますので、予防接種を行うなどの対策を行う人も多いのではないでしょうか。
このほかにもマスク、うがい、手洗い、加湿器なども予防に役立ってくれます。
とはいえ、学校や会社、満員電車など多くの人と接する機会は実に多くありますので、予防接種やうがい、マスクなどだけでは十分に対策が行えないこともあります。
インフルエンザに感染してしまった場合は薬を使っての対処が行われることが多いですが、薬も副作用もありますので、できることならあまり頼りたくないと考える人も多いのではないでしょうか。

より安全に予防していくならサプリメントや健康食品の利用も考えてみましょう。
インフルエンザの予防に役立つ成分は色々な種類がありますが、キャッツクローもそのひとつです。

キャッツクローは日本ではあまりなじみがありませんが、南米ペルーで古くから健康維持に役立てられてきた植物で鎮痛作用、抗炎症作用、免疫調整作用などがあるとされています。

インフルエンザを防ぐためには免疫力を高めることも大切ですので、そういった意味でもキャッツクローは役立つといえます。
日本では食用として使われていない植物ですので、入手が難しいものとなっていますが、加工されたサプリメントや健康食品がありますので、そういった商品でキャッツクローの優れた成分を取り入れてみてはいかがでしょうか。

普段から健康維持目的などで取り入れておくとインフルエンザの予防や悪化を防ぐのに役立ってくれます。
薬とは違いますので、正しく服用していれば副作用の心配もありません。
すでにインフルエンザにかかってしまって、薬を利用している場合は併用してよいかも気になるところですが、医師に確認しておくとより安心です。

トップページへ